単通ブログ

単通ブログ

1/31 「できない理由探し」ではなく、「何からならできるのか?」

 今年は東京五輪・パラリンピックの開催年です。「オリ・パラ教育」という言葉を聞いたことがありますか? 正式には「オリンピック・パラリンピック教育」と言います。

 ちなみに、パラリンピックは、第2次世界大戦後、戦争で障害を負った軍人たちのリハビリテーションとして作られた大会です。

 ある小学校での「オリ・パラ教育」、特に「パラリンピック教育」の話。車イスを使っている障害者の方と創作ダンスで交流する小学4年の行事(総合的な学習の時間)がありました。皆さんがこの行事に参加するとして、どう行動できますか? この小学生たちは「初めは、障害者の方とどう接してよいか分からなかった」そうで、距離を置いていました。

 ところが触れ合ううちにどんどん積極的になり、友だちのようになっていきました。2回目の交流では、手をつないでくるりと回ったり、輪を描いたりと感動的なダンスを一緒に創り上げたそうです。心の中にあったバリアーが消えていったのです(「心のバリアフリー」ですね)。

 パラリンピアンの選手たちの活躍する姿を見て感動するのはなぜでしょう? 

 それは「障害はあっても、何ができるか挑戦し続ける心が見える」からではないでしょうか。

 「挑戦する心を失わない。」

 「自分にも、強みになれるものはある」

 「行動することこそが、学びたいことを学ぶために必要な一歩」

 「それはできないことではなくて、手段を変えればできること」

 私たちも「できない理由探し」ではなく、「何からならできるのか?」と考えて、心のバリアフリーに向けて努力していきたいですね。

 

(『日本経済新聞』2020年1月27日、日本体育大学ホームページ「オリンピック・パラリンピック教育推進教材」、「DO-IT Japan」ホームページを参考にしました。)

 

1/29 いよいよ期末テストが始まります

生徒の皆さん

 いよいよ期末テストが始まります。単位修得にとって大変重要なものですので、頑張ってください!

 連携生の皆さんは 1/29(水)、 2/5(水)

 秋季生の皆さんは 2/6(木)、 2/13(木)

 

 なお、6月からお世話になっている2名の学習サポーターの方々は、2/6(木)が来校最終日となります。木曜日に質問等をしたい方は、この機を逃さずにC11教室にお越しください。

1/27 単通フットサル部(TTF.C.)活動報告 ~ №2 応急手当講習会

 単通フットサル部(TTF.C.)活動報告 ~ №2 応急手当講習会

 本日、さいたま市主催の応急手当講習会に、部員2名、 顧問1名で参加しました。約2時間、 AEDの使用方法を含む心肺蘇生法について、 実技講習を受けました。本日の実技講習の前には、 自宅でそれぞれがweb学習( 1時間程度の動画視聴と確認テスト)を行いました。
 今回、講習会参加の手続きからweb学習なども含めて全て、 それぞれが自らの力で行いました。そして、本日無事に講習修了! 2名の部員の行動力に、大きな拍手を送りたいと思います。
 フットサル部では人生をより豊かなものにするために、 今後も様々な活動にチャレンジしていきます。 あなたも一緒にチャレンジしてみませんか?

興味のある人は 顧問 小池(保健体育科教諭)までお声かけください。

「フットサルで人生をより豊かなものに」 楽しむ 繋がる 自立する

  

 

 

1/27 明日の天候にご注意ください

今夕から明朝にかけて降雪予報が出ています。

明日は「質問日」となっていますが、登校予定のある生徒さんは、交通安全に十分注意してください。

また、最新の天気予報についてご確認ください。

1/22 自分を燃焼させる20代「ふとした何かを大事に」

 令和最初の成人の日、全国で122万人の新成人が「誕生」しました。

 チベットや北極を探検し、「空白の五マイル」「アグルーカの行方」「極夜行」「探検家とペネロペちゃん」「エベレストには登らない」などのノンフィクション作品がある探検家・角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)さんのメッセージを要約して紹介します(『埼玉新聞』2020.1.10を参考にしています)。

 

  経験が貴重なのは、それにより自分自身になり、自分の言葉で物語を語れるようになるからである。人生で一番面白いのは経験の浅い20代の時期だ。人生とは一つの作品であり、20歳の人間はまだ形状の定まっていない粘土みたいなものである。20代の10年で土台が固まり、30代で作品として造形されてゆき、40代に入った頃に独特の風合いを帯びる。

 これから人生をつくる20代の時期こそ可塑性(かそせい。変化に対応する力)が高く、最も創造的であり、面白くないわけがない。たとえ無駄な1日を過ごしているように思える時でも、その無駄の中にも、未来を左右する何かが潜んでいるかもしれないのである。

 その時、その瞬間の出来事や偶然が新しい未来を切り拓き、他の人とは違う一つの方向性が生じる。その道をたどることで、その人の人生は固有なものになってゆく。だから今日起きるふとした何かで、あなただけの人生が始まるかもしれない。それを大事にしよう。

 人生をつくりあげるのには、生き物として自分を燃焼させる勢いとパワーがいる。そのとき必要なのは、知恵と経験ではない。一番身体の炎が燃えさかるのは間違いなく20代である。