新着
先日、初めて単通フットサル部単独で練習を行いました。 止める・蹴るの基礎や、守備時のポジショニング、攻撃の目的はゴールであることなど、様々なことを意識して練習を行いました。 4人の生徒は、サッカーについては未経験ですが、1時間弱の練習の中で、こちらが驚くような成長を見せてくれました。 高校生になって、新しいスポーツにチャレンジする精神は大変素晴らしいものです。そのチャレンジ精神で、19日が皆にとって楽しい大会になることを期待しています。 フットサルで人生をより豊かなものに 楽しむ 繋がる 自立する     
2月19日(水)フットサル大会に出場します! 先日フットサル部のミーティングを行いました。 その際、部員自ら施設に電話をかけ、大会の申し込みを行いました。 丁寧な口調で用件を伝え、必要な情報を聞くなど、社会性がしっかりと身についていて、とても感心しました。 単通フットサル部として出場する初めての大会、思い切り楽しみましょう。 皆さんも応援よろしくお願いします。   フットサルで人生をより豊かなものに 楽しむ 繋がる 自立する      
今回は福島「いわき~滝根~石川」巡検の様子を紹介します。   ❶『中生代地層 アンモナイトセンター』  いわき市北東には後期白亜紀(恐竜の時代)の地層(双葉層群)が分布しています。この地層は日本ができる前のアジア大陸近くの浅い海ででき、『アンモナイト』や『サメ』、『首長竜』の化石も見つかっています。ここでは生息域が違う『アンモナイト』が混在しています。『アンモナイト』は中生代を代表する『示準化石』で、地層の年代を決定するのに役立ちます。   ❷『新生代地層 石炭・化石館』  いわきの『常磐炭田』は本州最大の埋蔵量をもち、戦後復興を支えました。1976年いわき市内の炭鉱はすべて閉山になりましたが、今でも地下には約11億トンの『石炭』が眠っています。『石炭』は水中に堆積した植物が変成してできた可燃性の岩石です。日本では古第三紀(恐竜の時代が終わった後の時代)の石炭が多く、『常磐炭田』もその時代のものです。写真のマスクは坑内での災害(可燃性ガス、一酸化炭素ガス等発生)時に用いたものです。危険で過酷な仕事であったことが分かります。当時のいわきの様子は映画「フラガール」に描かれています。   ➌『...
 令和元年8月5日(月)日本武道館で行われた全国高等学校定時制通信制体育大会第50回剣道大会に秋季生佐藤友実さんが埼玉県代表として出場し、団体戦で第3位の成績を残しました。佐藤さんは当日4試合を行い、3勝1引き分けの活躍で、埼玉県の入賞に大きく貢献しました。   女子団体戦 第3位  予選リーグ(埼玉県・富山県 千葉県)       〇埼玉県2(5)- 0(1)富山県●       〇埼玉県2(5)- 1(2)千葉県●  決勝トーナメント   準々決勝 〇埼玉県2(3)-  1(3)福岡県●   準決勝  ●埼玉県0(0)- 1(2)東京都〇             ( )は取得本数 佐藤さんは令和元年度9月本校を卒業しましたが、剣道をやってみたい人は随時募集中。  担当は市之瀬教諭です。     また、令和2年2月3日(月)には、教育長表敬訪問のため、県庁を訪ねました。    
 卓球部は、毎週木・金曜に小体育館で練習しています。(火曜日は不定期で大体育館)団体戦・個人戦上位入賞を目標に日々練習に励んでいます。  今年度は定通制全国大会県予選団体3位、男子個人戦6位入賞(秋季生6組 大塚大和)、県民総体男子団体3位となりました。また、頻繁に練習試合も行っています。これまでに志木高校、富士見高校、大宮ろう、市立大宮北高校、埼玉大学等をはじめ、他校とも積極的に交流しています。  大会は団体戦・個人戦共に5~6月に1回、10~11月に1回、1~2月に1回の計3回あります。いずれも希望があれば、部員ら誰でも出場できます。そのほか、市民大会にも出場しています。見学もできますので、興味がある方は仲田(地歴公民科)までお知らせください。      ☆★ 部員の声 ☆★・練習は週1、2回程で部員全員が楽しくやっています。卓球は色々な技術があり頭も使う難しい競技ですが、僕は卓球部に入って良かったと思います。先生も部員も皆優しいので、興味があったら是非見学に来てください。・基本練習から応用練習まで各自のレベルに合わせ、無理なく活動しています。・部員全員で技術向上のため頑張っています。...
 今年は東京五輪・パラリンピックの開催年です。「オリ・パラ教育」という言葉を聞いたことがありますか? 正式には「オリンピック・パラリンピック教育」と言います。  ちなみに、パラリンピックは、第2次世界大戦後、戦争で障害を負った軍人たちのリハビリテーションとして作られた大会です。  ある小学校での「オリ・パラ教育」、特に「パラリンピック教育」の話。車イスを使っている障害者の方と創作ダンスで交流する小学4年の行事(総合的な学習の時間)がありました。皆さんがこの行事に参加するとして、どう行動できますか? この小学生たちは「初めは、障害者の方とどう接してよいか分からなかった」そうで、距離を置いていました。  ところが触れ合ううちにどんどん積極的になり、友だちのようになっていきました。2回目の交流では、手をつないでくるりと回ったり、輪を描いたりと感動的なダンスを一緒に創り上げたそうです。心の中にあったバリアーが消えていったのです(「心のバリアフリー」ですね)。  パラリンピアンの選手たちの活躍する姿を見て感動するのはなぜでしょう?   それは「障害はあっても、何ができるか挑戦し続ける心が見え...